【必読】被害を最小限に抑えるために!!やっておくべき台風対策

最近、台風が度々日本列島に上陸しています。今年も、関東圏にも多大に被害をもたらし、千葉県などでは復旧に大変な時間がかかりました。そんな時に被害を最小限に抑えるために台風対策をぜひ知っていただきたいと思います。

 

当たり前のことから、あまり知られていないことまで台風対策を挙げていきます!

 

この対策は台風以外の地震などにも当てはまるので、知っておいて損はないと思います。

 

 

 

食料品は多めに買っておく

 

買っておいた方が良いもの

  • 米(パックご飯)
  • カップラーメン
  • レトルトカレー
  • カップ麺

 

 

 

日用品も多めに買っておく

 

買っておいた方が良いもの

  • ティッシュ
  • トイレットペーパー
  • オムツ

 

 

 

 

災害時に使えるキッチン用品を用意しておく

 

用意しておいた方が良いもの

  • カセットコンロ
  • 割り箸
  • 紙コップ
  • 紙皿

 

断水してしまった時に、洗わずに済むように使い捨てのものを用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

やっておくべき断水対策

 

断水してしまった時のために準備しておいた方が良いこと

  • 飲料水のペットボトルを買っておく
  • 生活用水のために風呂桶に水を貯めておく
  • 冷凍庫でペットボトルの水を凍らせておく
  • 流さないシャンプーを準備しておく
  • 汗拭きシートを準備しておく

 

冷凍庫でペットボトルの水を凍らせておくと、溶かして飲み水にできるだけではなく、保冷剤がわりになって冷凍庫のものもダメになりにくくなるのでオススメです。

 

 

 

窓を補強しておく

写真元:Twitter

台風が来ると様々なものが飛んできて窓ガラスが割れる可能性があります。なので、写真のように養生テープを貼っておくと、窓ガラスが割れても飛散しにくくなるので、飛散防止フィルムを貼っていない窓ガラスがある場合には、やっておくのが良いでしょう。

 

ガムテープでもほとんど効果は変わりませんが、剥がしやすい養生テープを使用することをおすすめします。

 

「補強」ができるわけはなく、あくまで「飛散防止」程度の効き目なので、過信しすぎるのは危険です。