体長2.7mの巨大ホホジロザメを丸呑みした「魔物」の正体が判明…

体長2.7mのサメを丸呑みできる生物…

 

そんな生物思い当たらないですよね?

 

オーストラリアのサメを調べていた研究者が、ホホジロザメにタグをつけて観察していたところ、温度が急激に上昇し、一気に580mの深さまで潜っていたことがわかりました。

 

通常では、温度が急激に上昇することはなく、研究チームは、ホホジロザメが他の生物に飲み込まれ、その生物が潜った深さが580mくらいだったのではないかと推測したようです。

 

ですが、一体犯人はどんな生物だったのでしょうか?

 

 

 

次のページへ>>

1・2