飲み過ぎ注意!人格を変えてしまうエナジードリンクの恐怖※実話




海外では死亡例も

日本ではエナジードリンクによる死亡例は確認されていませんが、海外では死亡例も発生しています。

 

2012年のアメリカで「モンスターエナジー」を飲用した14歳の少女が死亡しました。死因はカフェインの毒性による不整脈とされています。

 

死亡した少女が摂取したのは700mlのモンスターエナジー2本で、カフェインの量は350mlのコカコーラ14缶分に相当する480mgも含んでいます。

 

今回の件で、遺族はモンスターエナジーの製造会社のモンスタービバレッジ社に対して訴訟を起こしています。

 

 

 

最後に

エナジードリンクの多用は体に非常に悪いのでやめた方が良いということがわかりました。

 

でも、飲まないとやってられない時はありますよね。

 

その時は中毒にならない程度に飲むようにしましょう!

 

 

(実は私は1回しかエナジードリンクを飲んだことがありませんが…)

 

 

 

<<前のページへ

12・3