飲み過ぎ注意!人格を変えてしまうエナジードリンクの恐怖※実話

 

エナジードリンクって飲んだことはありますか?

 

「眠いけど明日までに課題を終わらせなきゃ」

 

「徹夜で仕事しないと終わらない…」

 

そんな時に、エナジードリンクのお世話になったことのある人は多いのではないでしょうか。

 

ですが、そんな便利なエナジードリンクですが、飲みすぎたら人格をも変えてしまう薬になってしまいます。

 

 

 

エナジードリンクと栄養ドリンクの違いは?

二つの飲み物は似たようなものに思われるかもしれませんが、分類が異なります。

 

エナジードリンクは「清涼飲料水」に当たりますが、栄養ドリンクは「医薬部外品」に分類されます。

 

清涼飲料水とは、

乳製品類やアルコール飲料以外の飲みものを指します。中には、あま味や酸味果物などの味やかおりがあるものもあり、わたしたちを楽しませてくれます。わたしたちが買う飲みものの多くが、「清涼飲料水」というわけです。

引用元:SUNTORY

 

医薬部外品とは、

薬機法によって定められた医薬品と化粧品の中間の製品。一部のビタミン剤や薬用化粧品、歯磨き粉など。
薬局だけでなくコンビニやスーパーなど薬剤師がいない場所でも販売が可能である。一般用医薬品(OTC医薬品)の一種として第4類医薬品に分類されるが、広義では一般用医薬品には含まれない。
医薬部外品として分類されるには、人体への改善効果は持っているものの作用が弱く、副作用の危険性がないことが条件である。

引用元:Answers

 

栄養ドリンクは医薬部外品として扱われているので、「栄養補給」などの表示をすることが可能ですが、エナジードリンクは炭酸飲料に分類されるので、効能を表示することができません。

 

清涼飲料水は自販機などで気軽に購入することができますが、実はエナジードリンクを飲むと恐ろしい副作用が現れることがあります。

 

現に、イギリスでは政府では、エナジードリンクはドラッグ(薬物)並みに有害で、未成年が飲むのを禁止すべきとの警告まで出されてしまっています。

 

具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか?

 

 

 

次のページへ>>

1・23