失踪からなんと37年後に着陸した飛行機…その驚きの理由とは?

1955年7月2日、パンアメリカン航空914便はニューヨークからマイアミへ飛行する予定でした。

 

天候・司会共に良好で、一見全く問題なさそうなフライト。

 

57人の乗客とともに特に問題もなく離陸した旅客機でしたが、3時間後のマイアミへの到着予定時刻になっても、パンアメリカン航空914便は姿を現しませんでした。

 

 

 

突然姿を消した旅客機

 

マイアミへ姿を現さなかったパンアメリカン航空914便ですが、レーダーに影が映ることも、救難信号が出されることもありませんでした。

 

不思議に思ったマイアミの管制塔の人たちがニューヨークの管制に連絡したところ、奇妙な返事が返ってきました。

 

 

「パンアメリカン航空914便は途中でレーダーから姿が消えた」

 

 

どちらの管制塔からもレーダーで機影を確認することができなかったので、旅客機が消えてしまったことは確実なようでした。

 

また、レーダーから姿を消してしまっただけでなく、パイロットとの通信も途絶えてしまっていました。

 

飛行機は空の上から忽然と姿を消してしまったのです。

 

 

 

すぐに捜索が開始されたが…

 

残された少ない痕跡をもとにすぐに捜索が開始されました。

 

飛行ルートはニューヨークからマイアミへ太平洋上を一直線に進むため、その途中で墜落してしまったのではないかと考えられました。

 

救助隊が編成され飛行機の残骸や乗客の捜索が行われましたが、全く何も手がかりを得ることはできませんでした。

 

乗客と乗務員を合わせた61名は一体どこへ消えてしまったのでしょうか?

 

 

 

次のページへ>>

1・23456