台風15号が関東に大接近!一部の交通機関では計画運休も






台風15号が今日の夜から明日の朝にかけて接近する見込みです。

それに伴い一部の交通機関では計画運休が行われます。外出の際には注意が必要です。

 

 

 

台風の勢力は?

[台風の現況と予想]
強い台風第15号は、8日11時には、八丈島の南南西にあって、1時間におよそ30キロの速さで北西へ進んでいます。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。
台風は、強い勢力を維持したまま北上し、暴風域を伴って、8日夜から9日午前中にかけて関東地方にかなり接近し、上陸するおそれがあります。
この台風の雲域は比較的小さいため、台風が接近する地域では、急に雨や風が強まり、波が高くなる見込みです。

[防災事項]
<暴風・高波>
台風の接近に伴い、急に風が強まり、千葉県では8日昼過ぎから強い風が吹き、海上はうねりを伴い、次第に大しけとなるでしょう。8日夜遅くから9日明け方にかけて、猛烈な風が吹き、8日夜遅くから9日未明にかけて猛烈なしけとなる見込みです。
暴風やうねりを伴った高波に厳重に警戒してください。また、塩害にも注意してください。

<大雨・雷・突風>
台風の接近に伴い、急に雨が強まり、千葉県では8日夜のはじめ頃から9日朝にかけて、1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。
土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。
また、千葉県では、8日昼過ぎから9日昼前にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど安全確保に努めてください。

[量的予想]
<波の予想>
8日から9日にかけて予想される波の高さ
夷隅・安房 9メートル うねりを伴う
北東部   8メートル うねりを伴う
君津    6メートル うねりを伴う
北西部   4メートル

<風の予想>
8日から9日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)
夷隅・安房(海上)  40メートル(60メートル)
夷隅・安房(陸上)  35メートル(50メートル)
北西部、君津(海上) 40メートル(60メートル)
北西部、君津(陸上) 30メートル(45メートル)
北東部(海上)    35メートル(50メートル)
北東部(陸上)    30メートル(45メートル)

<雨の予想>
8日から9日にかけて予想される1時間降水量は、多い所で、
70ミリ
8日12時から9日12時までに予想される24時間降水量は、多い所で、 180ミリ
の見込みです。

引用元:気象庁

 

 

 

 

 

 

 

一部路線では計画運休が

台風15号の接近に伴い、一部の交通機関では計画的に運休したり、通行止めにしたりする措置をとっています。

 

空の便
空の便は午後2時現在、合わせて103便が欠航したり、欠航が決まったりしています。

▽日本航空は、羽田を午後6時以降に発着する便のうち、国内線25便と国際線1便の合わせて26便の欠航を決めました。
▽全日空は、八丈島と羽田と結ぶ3便がすでに欠航したほか、羽田を発着する19便の欠航が決まっています。
▽エアドゥは、8日の夕方以降、羽田と北海道各地を結ぶ15便、
▽スターフライヤーは、8日夜から9日にかけて、羽田と北九州や関西を結ぶ10便、
▽ピーチ・アビエーションは、8日夜から9日にかけて成田と羽田を発着する国内線3便と国際線6便の合わせて9便、
▽ソラシドエアは、8日夜から9日にかけて羽田と熊本や鹿児島などを結ぶ12便、
▽春秋航空日本は、8日夜から9日にかけて成田を発着する4便、
▽日本トランスオーシャン航空は、8日夜から9日にかけて羽田と石垣や宮古を結ぶ4便と、那覇と宮古を結ぶ1便の合わせて5便、
▽フジドリームエアラインズは、8日夕方以降、静岡と福岡などを結ぶ5便の欠航がそれぞれ決まっています。

鉄道
JRは、台風15号の接近に備え、8日の東海道新幹線について、本数を減らす計画運休の開始時間を前倒しし、上りが午後4時以降の65本、下りが午後3時以降の52本の、合わせて117本の運行を取りやめることを決めました。

また、最終列車の出発時間が繰り上げとなり、新大阪発の上りはのぞみが午後4時40分発、ひかりが午後3時43分発、こだまが午後2時50分発、東京発の下りはのぞみが午後7時発、ひかりが午後6時33分発、こだまが名古屋行きは午後6時26分発、三島行きは午後6時37分発がそれぞれ最終列車となります。

一方、新大阪発名古屋行きの、のぞみとこだまは通常どおり運転するということです。

さらに、新大阪発の上りは午後4時台から、東京発の下りは午後3時台からのぞみを中心に本数を減らして運転するということです。

JRは、台風の進路によっては9日も始発から運休や遅れなどが発生する可能性があるとして、最新の運行状況を確認するよう呼びかけています。

また、8日夜に出発する東京と高松を結ぶ「サンライズ瀬戸」と、東京と島根県出雲市を結ぶ「サンライズ出雲」のいずれも上りと下りの列車を運休することを決めました。

外房線の特急「わかしお」が8本、身延線の特急「ワイドビューふじかわ」が2本の運休が決まっているほか、外房線、青梅線、東海道線、伊東線、内房線、京葉線、久留里線、それに御殿場線も8日夜から順次、運転をとりやめるということです。

小田急は、特急「ロマンスカー」の一部の列車について、運休を決めました。
下りが午後8時の新宿発以降、上りが午後8時半の箱根湯本発以降の運転をとりやめます。

航空各社やJRなどは今後、さらに運航や運転に影響が出るおそれがあるとして、ホームページなどで最新の状況を確認するよう呼びかけています。

高速道路
一方、高速道路は東名高速道路の富士インターチェンジと清水インターチェンジの間の下り線が、午後3時30分から通行止めになっています。

また、神奈川県の「西湘バイパス」は、通行止めの区間が広がり、午後3時から大磯東インターチェンジと石橋インターチェンジの間、それに早川インターチェンジと箱根口インターチェンジの間で通行止めになっているほか、神奈川県の小田原市と湯河原町を結ぶ有料道路の真鶴道路も台風による高波の影響で、午前10時から全線で通行止めになっています。

引用元:NHK NEWS WEB

 

 

 

 

台風発生時の注意事項

台風通過中は外に出ない

台風の際は、建物内で台風が通り過ぎるのを待ちましょう。通過しているときには外に出ないようにし、河川や用水路、海の見回りは大変危険ですのでやめましょう。

 

 

エレベーターを使わない

地下にある電気室や機械室が浸水してしまった場合にエレベーターが停止する可能性があるため、なるべくエレベーターの使用は控えましょう。

 

 

浸水の被害を想定し避難準備を

万が一、高潮や増水の影響で浸水した場合に対応できるよう、気象情報や行政からの情報に注意して避難準備をしておきましょう。

 

 

地下にいる場合には地上へ

地下鉄や地下街、地下駐車場などは浸水の恐れがあるので注意しましょう。

 

 

 

最後に

今回の台風は勢力も強いようなので、なるべく外出を控えるのが良いでしょう。

今後発表される台風情報、警報、注意報、気象情報、竜巻注意情報等に留意してください。