有効成分なしのただの甘味料!?偽薬しか売っていない会社が存在…医療現場では劇的な効果が…


 




 

みなさん、プラシーボ効果というものをご存知でしょうか?

 

プラシーボ効果とは…

薬理作用に基づかない薬物の治癒効果、つまり投薬の形式に伴う心理効果(暗示作用)のことで、薬理学的にまったく不活性な薬物(プラシーボ)を薬と思わせて患者に与え、有効な作用が現れた場合をプラシーボ効果があったという。プラシーボplaceboとはプラセボともいい、「気に入るようにしましょう」という意味のラテン語で、偽薬(にせ薬)のこと。

引用元:コトバンク

 

人間の思い込みとはすごいもので、本当の薬ではなくても薬だと思って飲むと症状が改善されてしまうことがあります。

このプラシーボ(偽薬)は、内服薬・注射薬などがありますが、どれも本物の薬とはほとんど見分けはつかないように作られています。

本当に患者に聞いているかどうかを調べるために、基本的には本物の薬とプラシーボの両方を用いて臨床効果を確かめます。

 

現在、医薬品を創製し、臨床効果を確かめるためには、プラシーボを用いた二重盲検法が義務づけられている。しかも、プラシーボには同一の薬効をもつ既存の代表的薬物を用いるアクティブプラシーボによって行われる。したがって、従来の不活性薬物を用いる二重盲検法は特別の場合のみ許される。プラシーボ効果は、薬剤の効果判定には大きな影響を与える。なお、有効性のみならず、副作用についてもプラシーボ効果がみられることが明らかとなっている。

引用元:コトバンク

 

副作用にもプラシーボ効果が見られるようなので、あまり意識しすぎないようにした方が良いのかもしれませんね!

 

 

 

偽薬しか売っていない会社が存在していた!

プラセボ製薬株式会社という会社をご存知でしょうか?

この会社は、世にも珍しい偽薬しか販売していない会社です。

 

 

 

 

こちらのような一見本物のように見える錠剤も偽薬です。主成分も還元麦芽糖というもので、有効成分は何も入っていません。

 

これら偽薬の用途としては、

 

  • 医療
  • 介護
  • 演技
  • 教育

 

などで、特に、介護の場面では高齢の方がその日に薬を飲んだかどうかを忘れてしまい、薬を飲もうとするときに重宝するようです。その際に、この偽薬を渡せば本人も薬を飲んだ気になり、同じ薬を複数飲んでしまうことの危険性も無くなります。

 

また、将来高齢化が進むとともに医療費にかかる費用はどんどん増えていくと考えられます。そこで、適切にプラシーボを用いることによって、薬にかかる費用が減少して財政負担が少なくなっていったらいいですね。

 

 

偽薬は、プラセボ株式会社のホームページやアマゾンなどから購入が可能です。

 

 

 

 

 

 

国書刊行会からプラセボ株式会社の代表取締役の水口直樹社長が会社設立に至る経緯や、偽薬の無効性に基づく活用法やプラセボ効果に関する独自の解釈を書き表した本が出版されています。