「これがテレビ局のやり方か!」実名報道を批判したメンタリストDaiGo、テレビ出演がTBS上層部からの圧力で取り消しに?※Daigoのコメント動画あり






実名報道に対して激しい怒りをあらわにしたメンタリストのDaiGoさん。「NHKにはもう出演しない」などと、京アニ放火事件の実名報道に対して強く批判していました。

 

その後、TBSの情報番組『サンデージャポン』から「京アニ放火の件について話して欲しい」と出演依頼を受けたという。しかし、上層部の圧力でその番組への出演が取り消されてしまいました。

 

出演依頼を受けたものの、依頼された生放送には都合で出ることのできなかったDaiGoさん。なのでインタビューや動画での出演は可能と伝えたそうですが、連絡は一向に帰って来ず…

 

そこでDaigoさんがスタッフに連絡をすると、何かを隠しているような雰囲気を感じ取ったと言います。そのため、DaiGoさんが知り合いのTBS関係者に確認したところ「上層部からの圧力で出演を潰した」ことが判明したのだそう。

 

また、テレビにはギャラの後出しなども横行し、テレビ業界から去っていく人も増えていることを明かしました。

 

 

 

 

現在、DaiGoさんはテレビ出演やYouTubeの活動のみならず、メンタリストという職業を生かして恋活アプリの慣習も行っているようです。

【メンタリストDaiGo監修】運命より確実な出会いを
心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス「with」