最初はいい義母だと思ったのに…送られてくるLINEがどんどんとおかしな方向へ

 

最初は色々と心配してLINEを送ってきていた彼女のお母さん。しかし、どんどんとその内容が変化していき…..

 

 

彼女と付き合いはじめて1年経ち、結婚を前提とした同棲を始めることになった20代男性のAさん。

 

同棲する前に彼女の実家のご両親に挨拶に行くことになりました。

 

「ご両親はとても快く迎え入れてくれました。家族仲もよく、ご両親ともずっとニコニコしていて、最初から最後まで和やかな雰囲気でしたね。同棲についても『2人で決めたことなら反対しない』と言ってくれてホッとしたのを覚えています」

 

両親に挨拶をしてからAさんは彼女の実家に訪れることがだんだん増えていったようです。

 

「彼女の母親から、何かあったときにすぐ連絡が取れるようLINEを交換しないかと言われました。この先何があるかわからないですし、そのほうが安心してもらえると思ったのでLINEを交換しました」

 

何かあったときにスムーズに連絡するために彼女のお母さんとLINEを交換したAさん。

 

 

最初の頃は同棲の進歩状況を心配して連絡をしてきていた彼女のお母さんでしたが、徐々にLINEの内容が変化していきました。

 

 

今までの連絡とは打って変わって「デートのお誘い」LINEが届くようになりました。

 

そして徐々にエスカレートしていくことに…..

 

 

彼女のお母さんから届くLINEにも誠実に返答していたAさんでしたが、このような内容のLINEが何度も届くようになったので仕方なく、彼女と彼女の父親に相談しました。

 

3人で話し合いを始め、最終的には母親も合わせて4人での話し合いが行われましたが、彼女の母親に反省するそぶりはなく「自分の方がAさんに相応しい」と主張する最悪の展開に。

 

「考えていた中で最悪の答えでした。義母は誰が何を言っても聞き入れないといった感じで、僕と一緒になることを主張してきたんです。彼女はもちろん、義父も呆れて逆に冷静に話し合いができたなと感じました」

 

結局、彼女の両親は離婚することになり、彼女は母親との縁を切りました。

元々決めていた同棲先も変更し、1年後に2人は結婚し幸せな結婚生活を送っているようです。

 

「彼女のお父さんは離婚の手続きなどが済んでから僕らの近くに引っ越してきて、今でもよく交流しています。あのときはどうなるかと思いましたが、今では前向きに進んでいる感じで……。お義父さんには寂しい思いをさせたくないので、早く孫を見せてあげたいなと思っています」

 

 

参照元:bizSPA!フレッシュ