同情して買っちゃうかも!!わかりやすいけど悲しすぎるネーミングの商品…..

 

「俺はスーパーでこんな悲しい気持ちになりたくないのよ…。」という文章とともに投稿されたこちらの写真。

写真を見てみると投稿者がどうしてそんな気持ちになってしまったのかわかりますね。

 

「いか飯になれなかったいか」

 

名前を見ただけで商品の内容が一瞬でわかるなんとも絶妙なネーミングセンスですが、「いか飯になれなかった」なんだか可哀そうないかに同情してしまいます。

 

 

パッケージを拡大してみると、

 

「いか飯には負けないぞー!」

 

と拳を突き上げるいかの目には大粒の涙が。心が痛みます…

 

 

確かにこんな商品名とパッケージを見てしまったら悲しい気持ちになってしまいますね。

 

 


いか飯に使われなかっただけで、味はおいしいみたいなので見かけたらかってみてはいかがでしょうか。