【バーガーキング】マックを挑発するためだけに1年間全国広告にビックマックを忍ばせていた…

 

 

イギリスのバーガーキングがで2019年に配信されたすべての広告にビッグマックが隠されていたことが公式インスタグラムで公開されました。バーガーキングがマックを煽るのは初めてではないですが、1年間もかけて煽るのはすごいですよね。

 

マックを煽った動画はこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thanks for having our back this year Maccy Ds #WhopperSecret For the full reveal, check out the link in our bio.

Burger King UK(@burgerkinguk)がシェアした投稿 –

 

バーガーキングのワッパーマクドナルドのビッグマックよりも大きいということを証明するために、2019年の全広告で、ワッパーの裏にビッグマックを忍ばせていたようです。

 

マクドナルドをこれでもかと挑発したバーガーキングでしたが、バーガーキングの挑発はこれだけにとどまりません。

 

動画の最後には「Thank you Maccy D’s for having our back in 2019」と書かれています。

これは「マクドナルドの皆さん、2019年私たちを守ってくれてありがとう」という意味なのですが、

英語の「守る」という意味の”having our back”と、実際に後ろにビッグマックを隠していた、という皮肉をマクドナルドに向けて発信しました。

 

実は日本でも!?

バーガーキングからマックへの挑発はイギリスだけでなく日本でも行われています。

 

2020年1月31日をもって秋葉原昭和口のマクドナルドが閉店することに関する告知なのですが、2軒隣に位置しているバーガーキングにも閉店に関するコメントが掲載されています。

 

 

 

 

一見すると、2店舗となりで頑張ってきたマクドナルドを讃えているように見えると思いますが、文頭だけを上から順に読んでいくと…

 

 

 

左側だけを上から読んでいくと、

 

「私・た・ち・の・勝・チ」

 

となっています。

 

これに気付いた人たちからは、

 


というようなコメントが寄せられました。