平手友梨奈が欅坂から脱退!?なぜ「卒業」ではなく「脱退」なのか

 

欅坂46から平手友梨奈さんが脱退することが発表されました。加えて、織田菜那さんと鈴本美愉さんの2人の卒業、佐藤詩織さんの活動休止も発表されました。昨年初のドーム公演を行い、グループが好調の中での欅坂の絶対的エースの脱退ということで、驚いている方も多いのでは無いでしょうか。

 

これらの発表は公式サイトで行われました。

欅坂46のメンバーとして活動してまいりました織田奈那、鈴本美愉はこの発表をもちましてグループを卒業、平手友梨奈はグループを脱退致します。在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました

また、活動休止を宣言した佐藤さんについては、

本人からの申し出により活動を一時休止致します。活動再開の目途が立ちましたら改めてご案内致します

と説明しました。

 

平手さんは2015年8月に欅坂46の1期生のオーディションに合格し、翌年4月のデビュー曲「サイレントマジョリティー」でセンターを務めてからはすべてのシングルでセンターを任されてきた欅坂の絶対的エースです。卒業を発表した織田さんと鈴本さんも、平手さんとともに1期生としてグループを支えてきた重要なメンバーでした。

 

昨年の紅白歌合戦でも、2017年に複数のメンバーが失神した曲「不協和音」に再挑戦し、話題になりました。本番では、失神することはありませんでしたが、最終的にはメンバー数人に担がれてステージを後にしました。

 

ラジオで脱退ついて初言及

平手さんは、同日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」(月~金曜後10・00)に出演し、脱退について初めて言及しました。

こんばんは。平手友梨奈です。さきほど、ホームページで発表ありましたが、欅坂46を離れることになりました。今は話したいとは思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があれば話しさせていただこうと思います

とコメントし、脱退に関する詳しい理由などは公表しませんでした。

 

 

 

従来のアイドルのイメージを打ち壊す”笑わないアイドル”として、独特な雰囲気の楽曲が目立つ欅坂46。絶対的エースの脱退の影響は大きく、欅坂そのものをゼロから作り直さなくてはいけないといっても過言では無いでしょう。エースがいなくなった後、欅坂46はこれからどのようなグループに変貌を遂げるのでしょうか。

 

 

みんなの反応