「サンタ制度を廃止します」とある高校生に届いた悲しいお知らせ


子どもの頃、クリスマスにサンタさんからもらうプレゼントはとても嬉しいですよね!毎年心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか。そんな中、悲しいお知らせを受け取ってしまった高校生をご紹介します。

 


 

クリスマスにお母さんから届いた手紙を公開したTwitterユーザーのさく(@sakuksaku3939399)さん。その手紙には「サンタ制度終了のお知らせ」という悲しい題名が記されています。

 

「2019をもちましてサンタ制度を廃止させていただくことを決定いたしました。2000年から開始いたしまして、17年もの間愛され続けてきた行事でしたが、もう、夢と希望より現金を求める年齢になったと判断いたしました」

 

と書かれて現金1万円が添えられています。

 

品薄になるこの時期、先を見越して早々と準備したり、何軒も何軒も、おもちゃ屋さん探して手に入れたり、クローゼットに隠しておいたり、左手で英語を書いたり、あなたたちがサンタにあげたお菓子を食べたり、サンタのひげだといって、綿を落としておいたり….

最近一番苦労したことは、あなたたちの就寝時間が遅くなり、プレゼントをセットするために夜中に起きなくてはならないことでした。

 

ご両親の苦労が見てとれます。クリスマスのために色々と準備してくださっていたのでしょう。確かに高校生にもなると親よりも遅くまで起きていることも多いですよね。それよりも後に準備しなくてはいけないのは大変ですね…

 

2人の子どものサンタを17回もできて、とても幸せでした。どうもありがとうございました。あなたたちが大人になり、子供が出来たときには、ぜひ、この記録(私達夫婦は17回)を超えてください。朝の子どもの反応最高ですよ。

 

ご両親の愛が伝わってきて、心のこもったとてもいいお手紙ですね!!

 


 

 

 

 

みんなの反応