【衝撃】ゾンビが人の顔を食べた!?アメリカで起きたマイアミゾンビ事件

2012年5月26日にアメリカのフロリダ州マイアミで発生したマイアミゾンビ事件。

 

ネット上でその衝撃的な事件現場の防犯カメラの映像が出回るなど、全米を騒然とさせました。

 

 

 

マイアミゾンビ事件とは!?

マイアミからマイアミビーチへと向かうフリーウェイの脇道で、全裸の若い黒人の男が偶然その場に居合わせたホームレスの男性に襲いかかりました。男性の顔の75%を食いちぎり、犯行時間は18分間にも及んだといいます。

 

この事件の発生時、「全裸の男が男性の顔を食べている」という通報を受けた警察官が加害者の男の制止を試みました。しかし、男は警察の言葉を無視して男性の顔を貪り、警察が数発発砲しても顔を食いちぎろうとすることをやめませんでした。結局、加害者の男を射殺することで、やっと男の異常行動を止めることができました。

 

襲われた被害者の男性は顔の大半を失うことになってしまいましたが、一命は取り留めました。警察に何度も発砲されても人を食らい続けたこの猟奇的な行動が、生きた人間に襲いかかるゾンビを連想させたため、”マイアミゾンビ事件”と呼ばれるようになりました。

 

この衝撃的な事件は、アメリカだけでなく世界にも衝撃を与えました。

 

しかし、犯人はどうしてこんなにも悲惨な事件を起こしたのでしょうか?

 

 

 

次のページへ>>

1・2