【日本語豆知識】一番長い単語ってなに?広辞苑から探してみた

 

 

前回、英単語の文字数の長いものを調べたのですが、「じゃあ日本語だったら?」と気になったので調べてみました。

 

 

今回は、広辞苑に載っているものと限定してベスト2のみを紹介します。

 

小さい文字は1文字としてカウントしようと思います。

 

 

 

 



 

 

 

2位 竜宮の乙姫の元結の切外し(りゅうぐうのおとひめのもとゆいのきりはずし) 21文字

□意味
アメモの別称

 

 

これが広辞苑に載っている中では2番目に長い単語です。

 

もっとも長い植物名らしいのですが、事実確認はしていないので参考程度でお願いします。

 

画像を載せたかったのですが、ちょっとフリーの画像が見当たらなかったので、気になる方はご自分で検索していただけたらと思います…

 

長いですが、英語と比べるとだいぶ短めなので、ちょっとした雑学として覚えておいても損はないのでは?

 

 

 

 

1位 セントヴィンセントおよびグレナディーン諸島(せんとゔぃんせんとおよびぐれなでぃーんしょとう) 23文字

□意味
カリブ海の小アンティル諸島にある国。首都はキングスタウン。

 

なんか聞いたことがあるような気はしますが、1979年にイギリスから独立してできた比較的新しい国のようです。

 

これが、広辞苑に載っている最長の単語です。

 

ただ、広辞苑を最初から最後まで一字一句見たわけではないので、こちらも正しいのかはよくわかりません…

申し訳ないです。

 

 

だれか、検証した人はいるのでしょうか?