【Google Analytics】WordPressの管理画面にログインした状態でのアクセスを除外する方法

 

 

基本的にデフォルトの設定では、管理画面にログインした状態での自分のサイトへのアクセスもカウントされてしまっています。

 

自分の管理画面へのログイン中のアクセスもカウントされてしまうと正しい値を得ることができません。ましてや、アクセス数の少ないサイトでは、いろいろな値に結構な影響を与えてしまうかもしれません。

 

今回は、管理画面へログイン中のアクセスをGoogle Analyticsのアクセスから除外する方法を書いていこうと思います。

 



 

 

WordPressの管理画面にログインしている状態でのアクセスを除外する方法

WordPressの管理画面にログインしているときに、自分のサイトを開いたりした場合に、そのアクセスを除外する手順を書いていきます。

この設定を完了すると、管理画面にログインしている状態でのアクセスが除外されるので、プレビュー画面などのアクセスも一緒に除外されます。

 

ここでは、テーマの編集を行うので、できるだけバックアップを取っておいてください。

 

 

1. 管理画面の「外観」→「テーマエディタ」を選択

 

自分の管理画面にログインして、ダッシュボードの左側にある「外観」の「テーマエディター」を選択してください。

 

 

 

 

2. 「テーマヘッダー」を選択

 

画面右の方にあるテーマファイルの「テーマヘッダー」を選択してください。

 

基本的に、Google Analyticsのトラッキングコードを設置する場合には、テーマヘッダーに設置していることが多いはずです。

もし、違う場所に設置した場合は、その場所でこれ以降の作業を行ってください。

 

もし、トラッキングコードをつけていなかった場合には、

  1. Google Analyticsにログイン
  2. 左下の「管理」を選択
  3. 真ん中のプロパティの「トラッキング情報」→「トラッキングコード」を選択
  4. グローバルサイトタグをコピー
  5. WordPressのテーマヘッダーの「</head>」の直前にペースト
  6. 「ファイルを更新」を選択して更新

 

 

 

 

3. トラッキングコードを探し出し、書き込みを行う

 

上図のように<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –> 〜 </script>となっているところを探してください。

「Ctrl+F(Macの場合はCommand+F)」と押すと、検索窓が出てくるので、「Google Analytics」や「</head>」などと検索してみてください。

 

 

これに、

 

<?php if (!is_user_logged_in()) : ?>

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>

</script>

<?php endif;?>

 

と上のオレンジで囲んであるところの赤字の部分を付け加えてください。

 

付け加えたら、「ファイルを更新」してください。

 

 

 

 

このような文章が出てきたら、成功です。

 

 

これで、WordPressの管理画面にログインした状態でのアクセスが除外されるようになりました!

途中で、テキストエディタを使って書き換えているのでバックアップを取ってから行うと安心だと思います。

(変なところを弄ってしまうと再起不能に陥る可能性があります。)