【Google Analytics】WordPressのプレビュー画面のアクセスを除外する方法

 

 

WordPressでサイトやブログを書いていると、デフォルトの状態ではプレビュー画面もアクセスとしてカウントされています。

私のブログのように、アクセス数の少ないサイトでは自分のアクセスが与える影響が大きくなってしまっていて困っていました。

今回は、WordPressのプレビュー画面のアクセスをGoogle Analyticsから除外する方法を備忘録としてまとめていきます。

 



 

 

WordPressのプレビュー画面のアクセスを除外する設定方法

ここでは、プレビュー画面のアクセスのみを除外する方法を書いていきます。

 

自分の管理画面へログイン中のアクセス全体を除外する方法は下の記事をご覧ください。

(この方法ですと、プレビュー画面へのアクセスも一緒に除外することができます)

 

 

 

1. アナリティクスにログイン→「管理」を選択

 

ご自分のアカウントでアナリティクスにログイン後、画面左下の方にある「管理」を選択してください。

 

 

 

 

2. アカウントの「すべてのフィルタ」を選択

 

ページの左側の方にあるアカウントの「すべてのフィルタ」を選択してください。

 

 

 

 

3. 「フィルタを追加」を選択

 

赤いブロックの「+フィルタを追加」をクリックしてください。

 

 

 

 

4. 下記のように選択・記述

 

フィルタ名:プレビュー画面除外(自由)
フィルタの種類:カスタム
除外を選択(元から選択済みなはず)
フィルタ フィールド:リクエストURL
フィルタ パターン:preview=true
選択したビュー:「自分のURL」もしくは「すべてのウェブサイトのデータ」を選択して「追加」

 

で「保存」してください。

 

 

これで、プレビュー画面のアクセスを除外する設定は完了です。

 

 

 

上の方法ですと、プレビュー画面のアクセスは除外されますが、管理画面にログインした状態のアクセスは除外されていません。

管理画面のアクセスを除外すると、プレビュー画面のアクセスも自動的に除外されます。

 

 

 

自分によるブログへのアクセスそのものを除外したい場合は下の記事をご覧ください。

(準備中です)

 

 

滞在時間などのデータに大きな影響を与える場合もあるので、設定しておいて損はないと思います。