6種類の「黒い消しゴム」を徹底比較!一番いいのはどれだ

最近よく見かけるようになった黒い消しゴム。

昔は、色付きの消しゴムは消えにくいイメージでしたが、白い消しゴムと同等の消字性能を持っているようです。

今回は、6種類の黒い消しゴムを様々な観点から比較して、最終的には総合順位を決めたいと思います。

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

黒い消しゴムのメリット

  • 床や机の上の消しカスを見つけやすい
  • 字を消しても消しゴムの汚れが気にならない

 

 

 

 

黒い消しゴムのデメリット

  • インクジェット紙では黒く紙面を汚す場合がある
  • 白い消しゴムよりも消字性能が劣る場合が多い

 

 

 

 

今回比較した黒い消しゴム

今回は、6種類の消しゴムを比較しました。

 

商品名 会社 値段 幅 [mm] 厚さ [mm] 全長 [mm]
MONO Tombow 80 17 11 43
RADER BLACK 60 株式会社ソード 60 18 12 43
Ain Black ぺんてる株式会社 60 18 12 43
墨汁屋さんの消しごむ 開明株式会社 100 25 11 58
Arch サクラクレパス 100 23 10 58.5
RESARE PREMIAM TYPE コクヨS&T株式会社 120 24.5 12 59

 

 

 

 

Tombow 「MONO」

 

 

消しやすさ 5
消しくずの少なさ 3
消しくずのまとまり 5
黒鉛の伸びにくさ 4
タッチの軽さ 5
折れにくさ 2
赤鉛筆の消しやすさ 1

 

 

定番の消しゴム「MONO」のブラックタイプです。

 

「消しやすさ」と「まとまりの良さ」は流石の一言です。

 

デザインと消字性能は通常の白いMONOとほとんど変わりません。

 

「文房具本屋さん大賞2016」で「消しゴム賞」も獲得しているようです。

 

個人的には、自分の消す力が強すぎるのかもしれませんが、使っていると折れてしまうのが難点です。

 

 

 

 



 

 

ソード 「RADER BLACK」

 

 

消しやすさ 5
消しくずの少なさ 4
消しくずのまとまり 4
黒鉛の伸びにくさ 4
タッチの軽さ 5
折れにくさ 2
赤鉛筆の消しやすさ 2

 

全体的に「MONO」と似た使い心地です。

 

「消しやすさ」や「タッチの軽さ」は「MONO」と同等、もしくはそれ以上です。

 

検証の結果、折れやすさも「MONO」と同じ感じで、強く消すと折れてしまいます。

 

大きさはほとんど同じで、値段はこちらの方が安いので、MONOが好みの方は一度使ってみるといいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

ぺんてる 「Ain Black」

 

 

消しやすさ 4
消しくずの少なさ 5
消しくずのまとまり 2
黒鉛の伸びにくさ 3
タッチの軽さ 5
折れにくさ 3
赤鉛筆の消しやすさ 1

 

「消しやすさ」は特に問題ないのですが、「消しくずのまとまり」や「黒鉛の伸びにくさ」は難ありといった感じです。

 

消しくずはそこまで多くないのですが、消しくずがまとまりにくいので、机の上に細かい消しくずが残ってしまいます。

 

硬い消し心地が好きな方には向いているかもしれません。

 

 

 

 



 

 

開明 「墨汁屋さんの消しごむ」

 

 

消しやすさ 5
消しくずの少なさ 4
消しくずのまとまり 4
黒鉛の伸びにくさ 5
タッチの軽さ 4
折れにくさ 検証中
赤鉛筆の消しやすさ 1

 

今回検証した消しゴムの中では、最も柔らかい消しゴムです。

 

柔らかい消しゴムが好きな方はこの消しゴム一択でしょう。

 

「墨汁の香り」と記載していますが、そこまで匂いはしません。(現代っ子なので墨汁の香りがいまいちわからないのですが…)

 

検証した中で、「黒鉛の伸びにくさ」は一番優秀でした。

 

濃い鉛筆で書いた線を消す際の、黒鉛の上を滑る感じが全くしませんでした。

 

 

 

 

 

 

サクラクレパス 「Arch」

 

 

消しやすさ 5
消しくずの少なさ 4
消しくずのまとまり 4
黒鉛の伸びにくさ 4
タッチの軽さ 5
折れにくさ 検証中
赤鉛筆の消しやすさ 3

 

 

使い心地もよく、全体的に点数が高めです。

 

小学生以外はほとんど関係ないかもしれませんが、「赤鉛筆の消しやすさ」は今回検証した消しゴムの中では一番でした。

 

ただ、他のと比べて消えるというだけで、綺麗に消えるわけではないです。

 

紙ケースにグリップがついているので、滑りにくく、軽い力で消せます。

 

また、紙ケースにミシン目もついているので、消しゴムのサイズが小さくなっても、ハサミいらずで小さくできます。

 

 

 

 

 

 

コクヨ 「RESARE PREMIUM TYPE」

 

 

消しやすさ 5
消しくずの少なさ 3
消しくずのまとまり 5
黒鉛の伸びにくさ 4
タッチの軽さ 5
折れにくさ 検証中
赤鉛筆の消しやすさ 2

 

 

RESAREも全体的に高得点です。

 

特に、「消しやすさ」「消しくずのまとまり」「タッチの軽さ」といった消しゴムにとって非常に重要な要素が満点です。

 

PREMIUM TYPEと言うだけあって、消字性能は申し分ないです。

 

紙ケースもプレミアム感が出ています。

 

 

 

 



 

 

総合順位

現在は、「折れにくさ」は検証中なので点数に含めませんが、それ以外で総合順位を決めると…

 

1位 サクラクレパス 「Arch」 25点(検証中)
2位 シード 「Rader」 24点(26点)
コクヨ 「RESARE PLEMUIM TYPE」 24点(検証中)
4位 Tombow 「MONO」 23点(25点)
開明 「墨汁屋さんの消しゴム」 23点(検証中)
6位 ぺんてる 「Ain Black」 20点(23点)

 

このようになりました!

 

同率が多くて申し訳ないです。

 

消しゴムは好みが分かれると思うので参考程度でお願いします。

 

 

 

 

最後に

個人的にはどの消しゴムも使いやすかったのですが、最終的に総合順位は「Arch」が1位となりました。

ただ、何度も言いますが、他の消しゴムも悪かったわけではないです。

ぶっちゃけ「好み」です。

 

「黒い消しゴムって本当に消えるの?」って思っている皆さん。

よく消えます。

今回検証してみて、消字性能は白い消しゴムと変わらないように感じました。

一度使ってみることをおすすめします。

白い消しゴムよりも筆箱に入れておくとかっこいいですしね。

 

今まで特に深く考えずに消しゴムを購入していましたが、「消しゴムってこんなに違うんだ」っていうことに気づきました。

 

 

文房具の検証、結構楽しいですね!

またやりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)