【WordPress】【Google AdSense】Xserverを使ったads.txtの設置方法

 

 

Google AdSenseを開いていたら、突然

 

 

 

こんな表示が出てきました。

 

ちょっと画質が悪いので、書き起こすと、

 

要注意-ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。

 

「収益に重大な影響」って怖いですよね。

 

なので、今回は、Xserverを用いてWordPressにads.txtを設置する方法を備忘録として書いていきたいと思います。

 



【まず初めに】ads.txtって何?

まずはads.txtについてから説明をさせていただきます。

 

cdx.txtによる認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

出典:AdSenseヘルプ

 

簡単にまとめると、自分のサイトに他の人の広告が勝手に貼られて収益を横取りされないようにするために必要なのがads.txtです。

 

必ずしもads.txtを設置する必要はありませんが、自分の利益を横取りされるのを防ぎたければ、設置しておいた方が良いということです。

 

でも、悪い人が自分のブログやサイトを狙ってくるかは運次第なので、基本設置しておいたほうが良いと思います。

Google AdSenseもads.txtの設置を勧めています



WordPressにXserverを用いてads.txtを設置する方法

では本題に移っていきたいと思います。

非常に簡単なのでぜひ設置していただけたらと思います。

 

 

 

 

Step1:ads.txtファイルを作成する

メモ帳やAtom、Emacsなどを使用して、ads.txtというテキストファイルを作成してください。

 

そのテキストファイルには、

 

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

 

と記述してください。

 

この際、「pub-0000000000000000」の部分は自分のサイト運営者IDに置き換えてください。

 

サイト運営者IDの確認方法がわからない方はこちらを参考にしてください。

 

 

 

 

Step2:Xserverでads.txtを自分のサイトにアップロードする

1. Xserverにログイン

 

自分のIDを使用してログインしてください。

 

こちらからサイトに飛びます。(Ctrlを押しながらクリックすると新しいタブで開きます)

 

 

 

 

2. 「サーバー管理」を選択

 

ads.txtを設置したいサーバーIDの「サーバー管理」を選択してください。

 

 

 

 

3. 「FTPアカウント設定」を選択

 

「FTP」の「FTPアカウント設定」を選択してください。

 

 

4. ads.txtを設置したいドメインを選択 → ログイン

一番右にある「選択する」をクリックしてください。

 

その後の画面で、FTPユーザーIDが正しいことを確認して「ログイン」してください。

 

 

 

 

5. ads.txtを設置したいサイトを選択

 

上図のようにads.txtを設置したいサイトを選択してください。

 

 

 

 

6. public_htmlを選択

 

「public_html」を選択してください。

 

 

7. ads.txtをアップロード

 

ページの右側の方にあるファイルのアップロードから「ファイルを選択」を押してads.txtを選択し「アップロード」してください。

 

これで、作業は完了です。

 

 

 

 

7. ちゃんとできているか確認!

最後に、設置がしっかり行われたか確認してください。

 

自分のドメイン/ads.txt

例) https://example.com/ads.txt

 

でアクセスした際に、

 

google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

のようにテキストが表示されるようになったらads.txtの設置が完了しています。

(実際は赤文字ではありません。また、”pub-00…”のところは自分のIDになっています)

 

 

少し経った後に、Google AdSenseを確認してみてください。

 

警告が消えていると思います。

 

 

 

たったこれだけの手間で、被害にあう可能性を大幅に減らせるのですから、ぜひやってください。

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事を読んでいます

【WordPress】【Google AdSense】Xserverを使ったads.txtの設置方法” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)